税込8000円以上のお買い上げで送料無料

クリスマスとは?

クリスマスとは?

クリスマスについての歴史・文化についてです。現在のように、ここまで普及しているクリスマスを詳しく知るともっと楽しくなります。どのように伝承されて、どのような説話があったかなど興味深いことを発見できます。今までのイメージとは違う視点で見ることができるかも知れません。

クリスマスとは?クリスマスの歴史とは?

イエスキリストの降誕を記念する祝日です。降誕祭ともいい、英語でChristmas(Xmas)とも書き、キリストのミサ(聖祭)の意味です。フランス語ではノエル。ドイツ語では「神聖な夜の祝祭」の意のワイナハットフェスト、あるいはワイナハテンです。ラテン語ではナタリスであり、イタリア語ではナターレ、ポルトガル語では、ナタル、スペイン語ではナティビダードであり、いずれも「誕生」を意味しています。チュートン民族に属するスコットランドなどでは、ユールと呼び、また北ヨーロッパで広くユールというのは、古代では冬至の祝日のことであったことによります。諸民族の間では、この日は太陽の復活を祝う日とされ、また年の初めでもありました。

クリスマスは12月25日であり、24日夜すなわち、その前後がいわゆるクリスマス・イブです。初代キリスト教では一日を前日の日没から数えていたので、このイブが尊重されたらしいです。しかし、聖パウロのいわゆる「まことに人にして誠に神」であるキリストがこの世に実在していたにしても、12月25日の午前零時に誕生したという確証があるわけではないです。これは初代キリスト教徒が作った神聖な神話の一つである。キリスト生誕の物語は【新約聖書】の「マタイによる福音書」やルカによる福音書」に記されているにしても、その月日についてはふれられていません。その誕生を祝う儀式は3世紀に入ってから次第に行われたとみられるが、初期にはその日付は一定しないので、1月6日、3月21日(春分)、12月25日のいずれかが選ばれていた。ローマ教会(西方教会)が12月25日に降誕祭を行うようになったのは、354年からとみられていて、少し遅れて379年からギリシア正教(東方正教会)がこれに従うようになったと言われています。

クリスマスは初期キリスト教徒が異教徒の間に行われていた春の光明への期待を呼び起こす冬至の祝日、言い換えれば太陽崇拝の習俗を利用してキリスト降誕を記念したものとみられます。主として農耕のローマ人の間では「サトュルナリア」という農業神サターンの祭りが12月21日から31日(あるいは17日から24日、または1月1日)まで続いて盛んに行われました。この神はもとギリシアからきたと伝えられているが、極めて古いイタリアの神であって、クロノス神と同一視されることもあるが、同じくギリシアからきたさらに古いヤヌスに助けられて「黄金時代」の楽しい暮らしをして、文明化の仕事を続けていました。 特に人々に大地の耕作を教えました。それでサターンは特に栽培やブドウの採集と関連しています。この神にささげられたサトュルナリアの期間では、奴隷も自由に主人の供宴に加わることができ、あるいは主人が逆に奴隷に奉仕することさえもあり、一般に年齢、性別、階級の区別なしに、宴会、競技、行列などが行われ、そして祭儀につきものの性的放縦が多少とも許されました。また貧しい人々の間でも贈答の品が交換されました。

この期間の中で12月25日は、冬至のあとで太陽が蘇る日として特に記念されました。そして、ミトラ神の祝いもまたこの日でありました。ミトラはもとペルシア人の大神で、太陽と同一視されたインド・ヨーロッパ民族の古い神聖でありました。これがローマ人の間では特に軍人、兵士の間で崇拝されヨーロッパ各地に伝播しました。これは太陽神、不敗の太陽として崇拝されたのです。いずれにしても、ケルト民族際位階級であったドルイドたちも彼らの高い聖所で、この喜びを祝い、またゲルマン人もこの日を愉快に祝ったのです。

初代キリスト教の指導者たちが、このような農耕歴上の盛大な祭りに、主イエス・キリストの降誕を結びつけたのがクリスマスです。そして、中世のクリスマスでは、教会での儀式と農耕祭につきものの仮装やバカ騒ぎが混成して行われていました。それはカーニバルの要素も有し、一種の混成的宗教行事、シンクレティズムでありました。教会内でのキリスト降誕の礼拝を別にすると、クリスマスの民間行事には、民族や地域によって、差はあるにしても、非キリスト教的な多くの風習が現在まで伝承されてきています。

ミサは初期からキリスト教では、夜半に荘重に行われた。カトリック国のフランスなどでは、クリスマスは是非行わねばならない祝日で、特に子供たちや家族のお祝い日です。そして、「クリスマスおやじ」すなわちサンタクロースの民俗によって、次第に世俗化して普及するようになってきました。しかし、ノエルとよばれる聖歌、いわばクリスマス・キャロルは宗教的で詩的で素朴に不思議な話に包まれたキリストの誕生について物語っている。

クリスマスは、神聖な祝い日だから、この日は休日であり、信者は楽しいバカンスを過ごします。そして、キリスト教のどの宗派でも教会でもクリスマスの儀式をおこなっているが、まれには、スコットランドの極めてピューリタ的長老派会派(プレススビテリアン)のように,特別の礼拝をおこなわないものもあります。この地方では一般の人々もこの日を休日にしないで、1月1日がクリスマスの代わりとなっています。

クリスマスは、神聖な祝い日だから、この日は休日であり、信者は楽しいバカンスを過ごします。そして、キリスト教のどの宗派でも教会でもクリスマスの儀式をおこなっているが、まれには、スコットランドの極めてピューリタ的長老派会派(プレススビテリアン)のように,特別の礼拝をおこなわないものもあります。この地方では一般の人々もこの日を休日にしないで、1月1日がクリスマスの代わりとなっています。

クリスマス期間の飾り物で中心的なのは、クリスマスツリーです。これは、フランス、イタリア、スペインなどでも教会の前に高く立てられて冬の美観です。家々でも枝の張った緑の小低木を下から上へ順に刈り込んで桶などにしっかり植え、ロウソク、玩具、人形、私製の鐘、菓子などをつるし、また枝や根ノ上には雪をかたどって綿をのせます。そして、子供たちが部屋にはってくるとときにロウソクに点火するが、近ごろではいろいろなLEDなどクリスマスのライトが用いられています。

また、クリスマスと結びついてサンタクロースの説話と伝承があります。これは子供を保護する3世紀末の小アジアの聖ニコラウスのことをオランダ語で聖クラウスとなまったのが、オランダ人がアメリカに移住してから、誤って聖女(サンタ)を意味するようなサンタ・クロースの愛称となったと言われています。しかし、8頭のトナカイのそりにのって赤い服、赤い頭巾に長靴をはいた白ひげのサンタ・クロースが北国から訪れてきて、大きな袋を背負って、ひそかに家々の煙突からはいり、いい子には靴下にいろいろと褒美の品をいれておくという、広く普及した物語と行事とは、古い起源ではなく、19世紀初頭からのものだと言われています。

⇒ サンタクロースとは?
⇒ クリスマスサンタコスプレ衣装の選び方(後悔のない買い方)
⇒ 世界には様々なサンタクロースたちが存在していた
⇒ サンタクロースはなぜ玄関ではなく、煙突からやってくるのか?(由来歴史)
⇒ ホワイトクリスマスのイメージの由来は?
⇒ サンタクロースが靴下にプレゼントを入れた理由
⇒ クリスマスツリーの歴史と起源
⇒ イギリスのサンタクロースとクリスマスツリーについて
⇒ クリスマス12月25日の起源・由来とは?
⇒ サンタクロースがあの独特な衣装を着るようになった歴史・由来・理由
⇒ クリスマスの祝祭が戦争を停戦状態にした奇跡
⇒ クリスマス文化という集合意識
⇒ 東京ディズニーランド・クリスマスの歴史
⇒ ムーア『聖ニコラスの訪問』とアーヴィング『ニューヨーク史』
⇒ サンタクロースの人形が火刑に『フランス・ディジョン大聖堂広場にて』







カートに入れる

★★2017年12月1日(金)~25日(月)の期間限定で送料無料!★★

サンタコスプレ全種類    メインカテゴリー

品質・値段別 カテゴリー  (レディース・女性)

☆店長独自のオススメのサンタ衣装!  

サイズ・種類別 カテゴリー (レディース・女性)

クリスマスサンタの小物・グッズ・アイテム

サンタコスプレのお得なまとめ買いセット(3着・5着・10着)

店長より



ご来店ありがとうございます!
サンタコスプレ衣装専門通販店【人気のクリスマス衣装が豊富!】です。サンタコスチュームの種類・カラーが豊富にありますので楽しんでお探しください。

素敵なクリスマスを!
Merry Christmas !
ヒュバー ヨウルア!
(フィンランド語)
支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」